アンドロイドはリハビリの夢を見るか
ホーム > > 妥協した実家のリフォーム

妥協した実家のリフォーム

実家のお風呂のお湯がわかせなくなり、工事してもらうことになりました。そのとき業者さんに見てもらって、故障しているところやその他、いろいろ説明してもらいました。私は業者さんの話を直接聞いていたわけではないのでよくわからないのですが、ただ故障したところだけを直すという工事ではなかったようです。故障したところに使う部品は今はもう作られていないなどの理由で、故障したところだけ修理してもらうとしたらお高くなってしまうということでした。なのでいろいろ考えた(おもに予算について)結果、お安めな値段ですむ修理をお願いしました。その結果、お湯はわかせるようになりましたが、お風呂に関する他の機能が使えなくなり、その点はちょっと不便になりました。それでももちろん料金は支払わないといけないです。修理する前よりも高性能な状態することができて、しかもお高くないというリフォームを求めるのは、無知すぎるでしょうか。こういうことはこれからもあると思います。

リフォーム創研の評判・口コミは悪い?